News

News 2017-06-20T10:30:17+00:00
1610, 2017

ピコラボはIndigo Ninjasの活動を応援しています

Indigo Ninjasは日本で初めてのFRCという、ロボットコンペの国際大会に参加 したチームです。 FRCに参加することで、よりレベルの高い科学や工学に触れ、創造力やコミュニ ケーション能力、マ [...]

2002, 2015

『O-One軽量版2015』を開催しました

2015年2月20日(木) 12:30よりDevelopers Summit 2015@目黒雅叙園の OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、電子工作をテーマに、O-One軽量版を開催しました。 テーマは「趣味で秋葉原に電子工作部品を買いに来る女性は今年1年で倍増する」でした。

3107, 2014

『O-One軽量版2014夏』を開催しました

2014年7月31日(木) 13:20よりDevelopers Summit 2014 Summer@御茶ノ水ソラシティの OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、プロトタイプ開発をテーマに、O-One軽量版を開催しました。 テーマは「5年後は日本で使われる新たな機器の1割以上がプロトタイプ開発されている」でした。

1302, 2014

『O-One軽量版2014』を開催しました

2014年2月13日(木) 15:55よりDevelopers Summit 2014@目黒雅叙園の OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、Bitcoinをテーマに、O-One軽量版を開催しました。 テーマは「仮想通貨Bitcoinの日本の利用者は3年で1千万人を超えるか?」でした。

108, 2013

『O-Oneミニ版2013夏』を開催しました

2013年8月1日(木) 14:30よりDevelopers Summit 2013 Summer@ベルサール渋谷ファースト のコミュニティブースにて、O-Oneのミニディベートが開催されました。 今回のテーマは、「ユーザ課金のソーシャルアプリを1年で黒字化できるか?」でした。

1402, 2013

『O-One軽量版2013』を開催しました

2013年2月14日(木) 12:30よりDevelopers Summit 2013@目黒雅叙園の OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、起業をテーマに、O-One軽量版を開催しました。 テーマは「起業について大学で必修科目として教える必要がある」でした。

3007, 2012

本店移転に関するお知らせ

株式会社ピコラボの本店は、平成24年7月30日より下記に移転いたします。 〒107-0052 東京都港区赤坂4丁目1番30号 AKABISHI-II ビル3階 電話:03-3568-2199 FAX:03-3568-2190

2707, 2012

『O-One軽量版2012夏』を開催しました

2012年7月27日(金) 14:50よりDevelopers[SocialEnterprise]Summit 2012@東京コンファレンスセンター(品川)の OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、名刺をテーマに、O-Oneモデレータの青木と、若手エンジニア達が真剣勝負でディベートする O-One軽量版を開催しました。 テーマは「5年後の日本には紙の名刺よりもスマートフォンの名刺交換が増えている」でした。

1602, 2012

『O-One軽量版2012』を開催しました

2012年2月16日(木) 16:45よりDevelopers Summit 2012@目黒雅叙園の OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、スマートテレビをテーマに、O-Oneモデレータの青木と、業界の有名人達が真剣勝負でディベートする O-One軽量版を開催しました。 テーマは「3年後にはスマートテレビが日本の8割以上の家庭に普及している」でした。

1802, 2011

『O-One軽量版2011』を開催しました

2011年2月18日(金) 12:30よりDevelopers Summit 2011@目黒雅叙園の OpenJam にて、エンジニアのO-Oneディベート大会(軽量版)が開催されました。 今回は、電子書籍をテーマに、O-Oneモデレータに初挑戦の青木と、業界の有名人達が真剣勝負でディベートする O-One軽量版を開催しました。 テーマは「5年後に日本の電子書籍の売上げは紙の書籍の売上げを超えている」でした。